会話が苦手な原因を深く考える必要は全くない

私もこれについて悩んだことがあります。

会話をしなくてはいけない場面で、どうしたことか、話したいことが上手く話せません。焦って上手く話そうとした結果、段々頭が真っ白になってきて、自分でも何を言っているのかよくわからなくなってしまう、あの負のスパイラル(笑)

私なりに考えてみた結果、その様な時は大体いつも、知らぬ間に、背伸びをしてしまっていた時です。

「会話を円滑に進めたいという気持ちから、分かった様なフリをしてしまったり、面白く会話をする為に、何か気の利いたことを言わなくてはならない。」

そういうことが積み重なっていくうちに、本来の話の内容を置き去りにし、お互い「はて?」という感じになってしまうのです。(笑)

この様なことが起きてしまう原因は、自分を誇張してしまったり、一緒にいて面白いと思って欲しい心だったり、見栄っ張りな自分がいたり…ということだと思います。

どうすれば上手に会話が出来るんだろうと、何度も深く悩んだり後悔したりしました。

そして私が辿り着いた結果は、等身大の自分でいいということ。

会話の途中で、疑問を持った時は、そのままにしないで質問をする。

無理に盛り上げようとはしない。自然に身を任せる。

そういうありのままの自分でいる様にした結果、とても自分が楽になれました。

会話が苦手というコンプレックスも徐々になくなり、これが自分!と胸を張ることが出来る様になった気がします。

なので、もし会話が苦手だと悩んでいるのであれば、その必要はなく、ありのままでいてください。相手にありのままを見せられたら、相手も同じ様にありのままを見せてくれます。

今のままでいいんです。無理に話そうとせずに、素の自分で、会話を楽しんでいきましょう。