おとなしい性格を損ではなく長所に変える方法

おとなしいということは、口数が多かったり、目立ちたがりな男性よりも人目につくことが少ない…ということにどうしてもなりがちです。それをイコール損だと考えてしまうのは、その人の捉え方次第です。

おとなしい性格の男性でも、女性にモテたり人気がある人は沢山いると思います。生まれつきおとなしいというその性格を変えることはなかなか難しいことだと思います。なのでもうそれを長所にしてしまいましょう。

そもそもですが…恋愛においては、おとなしい性格だということは、特に問題はないと思います。男性は、好きな女性のタイプとして、『明るい子』などとよく例にあげる様ですが、女性からは、『明るい男性がいい』『元気な男性がいい』などは意外と聞かないですね。私のまわりにも、おとなしくても彼女がいる男性、あるいは結婚している男性は沢山います。当たり前ですが(笑)

私は、おとなしいということは損だとは思いません。合コンに行った時に、喋る人よりも少し目立たないくらいの話だと思います。

でもそういう場で、ガンガンに喋る男性よりも、優しく話を聞いてくれる男性の方が、ガツガツしていないし安心感を覚えると思います。

おとなしいイコール長所だとも私は思いません。でもおとなしいのであれば、ガンガン、マシンガンで喋ったり、盛り上げたりする役回りではない代わりに、その逆の聞き上手という役回りにまわるのはどうでしょうか。聞き上手な人は、沢山いるようで意外といません。自分のことを話したがる人は多いけれど、あなたの話を聞くよという人は思ったより少ないと思います。聞き上手と見せて、実際ちゃんと話を聞いてあげられる人も少ないと思います。そこで、自分の話をちゃんと聞いてくれる聞き上手さんがいてくれたら、それは魅力的に感じるでしょう。おとなしい性格を逆手にとって、こんな風に長所に変えてみてはいかがでしょうか。