気持ちを伝えることが出来れば、会話が苦手で構わない

良くないのは、会話が苦手だからと言って、気持ちを伝えないままぼやかしてしまうこと。

筆者も会話はそんなに得意な方ではない気がします。それでも気持ちを伝えないとどこかで色々な歯車が空回りし出しちゃいます。。

大事なことだけれどうまく話せなさそうな時は、「聞いてほしいことがあるんだけど」と一言置いてから、相手にもしっかり耳を傾けてもらいながらゆっくり話すようにしています。

 

人間関係は脆くいつも危ういものだと思っています。同じ内容の話をしても伝え方次第では、言葉の選び方次第では、いくらでもニュアンスが変わってきてしまうものです。

よほど信頼関係が築けている間柄だとしても、「わかってくれるだろう」と甘えてしまうのは、なるべく避けた方がいいです。所詮自分とは別の生き物です。時には話すのが、伝えるのが苦手だとしても、何かの手段で気持ちは伝えるべきです。

会話が上手で、その会話の中でうまく気持ちを伝えていける人もいると思いますが、会話が苦手で、伝えたいことがあるけれどうまく伝えられない人はどうすればいいのか…。

最初から「会話するのがそんなに得意じゃないんだよね~」と明るく言ってしまえば、相手もわかってくれますよね♪(笑)これもまぁ一つの手かも知れませんが、

会話をするのが本当に困難だと感じる人は行動・態度で気持ちを示したり、メールでメッセージをやり取りする世の中、敢えて自分の書いた文字で言葉を伝えるとか…。

そんなことでも会話を避けてしまうよりはずっとずっと良好な関係を保てそうです。

方法は色々あると思います。しかし、言葉にするもしないも、結局は相手に自分の気持ちが伝わらなければまるで意味はないと思うんです。自分の自己満足になったところで意味はゼロです。

私たちは幸せなことに日本語を勉強出来ているし、自分の気持ちを自分の言葉で伝えるという手段はもう持っているはず。会話が苦手でも気持ちを伝えられます。

自分の言葉で大事な人にゆっくり気持ちを伝えましょう。