真面目系クズから脱却する方法

「真面目系クズ」から脱却する方法…

それはもう!この際「真面目系」を捨てて、「クズ」の部分のみを残すことでしょう!

それは「クズ」であることを認めて、偽りの「真面目系」を捨てるということです。

 

真面目系クズって何ですか…??

私は馴染みがなかったので、インターネットで言葉の意味を検索しましたが、読んでいて本当に悲しくなるしイライラしました。

何故か。同時に、この私自身にも、真面目系クズの要素を少なくとも感じてしまったからであります。(笑)

 

真面目系クズとは、自分へのまわりからの目を気にしすぎてしまった結果、自分を大きく見せてしまったり、内面や実態が伴わない上っ面だけの人間のことを指す様です。

場面場面をクリアしようとして、出来る自分を演じているのだけれども、長くは続かずボロが出て、ペラッペラの人間だということが、どこかでバレてしまう…。

こんなにもダサくカッコ悪いことがあるでしょうか?

出来るなら出来る!

分かるなら分かる!

出来ないなら出来ない!

分からないなら分からない!

シンプルにこれでいいはずです。

 

何でクズ=出来ない自分を見せないのか。

それはもちろん、人からの評価が下がってしまうことが恐いという心からです。

カッコつけたことで、その場は本当に評価されたり、認められることがあるからです。

でも本当は違うことを知っているのは今は自分だけ。

でも演じ続けなければ、折角上がった評価が台無し。

このスパイラルにハマった結果、真面目系クズが出来上がるのではないでしょうか。

 

私のまわりには類は友を呼ぶで、とんちんかんなお友達が数人いますが、取繕わないで出来ない自分を公表しているので、そういう子は、可愛がられます。やはりまわりが助けたい気持ちになるし、まわりが手を差し伸べてくれたことに対しては誠意を見せたいのが人間というものなのか、クズであった部分でさえ、伸ばすチャンスに変えていることがあります。

私自身は、今の主人と付き合っていた頃、難しい話をされても、うんうんと、分かるような素振りをしていたら、「わからないことは恥ずかしいことじゃないんだよ」と言われ、目が覚めたような思いをしたことを覚えています。分かる振りをすることが恥ずかしいことなのだと気付き、それ以降、難しい話をされても、「どういう意味?」と聞くようにし、一つずつゆっくり理解をしていったら、何より自分が楽になれたし、彼との距離も少しだけ近づいたように感じることが出来ました。

もし自分に真面目系クズの要素を感じたら、恐がらずにさらけ出してみてください。

案外人は優しいもので、手を差し伸べてくれると思います。